Vino Hayashi

ItaliagrismoMV画像
MV背景

まだ見ぬ珠玉のイタリアワイン発見の旅へ

Vino Hayashi 定期購入コース

logo

イタリアグリズモ
Italia+agriturismo

現地人気生産者の希少ワインが
毎月2本自宅に届く

-->


こんな方におすすめです

  • まるで生産者宅を訪れ会話を楽しんでいるかのようにイタリアワインを味わいたい方
  • イタリアワインに精通したスタッフが選ぶ、間違いのないワインだけを楽しみたい方
  • イタリアワインは好きでよく飲むが、イタリア中のまだ見ぬお宝ワインや希少品種に巡り会いたい方

Italiagrismo、取材風景を一挙公開!

Italiagrismoについて

現地で極めて高評価を得ている超希少ワインを比較試飲し厳選の上、生産者の人柄や哲学、輸入するきっかけとなった裏話にまで迫った取材文とともに毎月お届けするコースです。

生産者

Italiagrismo
3つのおすすめポイント

POINT1

お届けするのは現地で極めて高評価を得ている、超希少ワイン。

POINT1

POINT1

お届けするのは現地で極めて高評価を得ている、超希少ワイン。

現地では星付き店でもオンリストされるような評価を得ているにも関わらず、生産数の少なさゆえこれまで日本に輸入されなかったワイン。このようなワインの輸入ができたのは、長年造り手との強い繋がりを持つVinoHayashiだからこそ。そんな特別なワインが毎月自宅に届きます!

POINT2

トレ・ビッキエーリ獲得アイテム続出!確かな選定眼。

POINT2

POINT2

トレ・ビッキエーリ獲得アイテム続出!確かな選定眼。

それまでほとんど知られていなかったワインを買い付けた数年後、その生産者がイタリアワイン界の権威ガンベロ・ロッソ誌においてトレ・ビッキエーリ(最高評価)獲得!ということも。VinoHayashiスタッフによる確かな選定眼によりセレクトされたワインをいち早くお届けします。

POINT3

現地で飲んでいるかのような感覚を味わっていただきたいから、生産者の人柄や哲学にまで迫った取材文をお付けしています。

POINT3

POINT3

現地で飲んでいるかのような感覚を味わっていただきたいから、生産者の人柄や哲学にまで迫った取材文をお付けしています。

お届けワインを堪能していただくために造り手の声を取材しています。照りつける日差しの中、畑でブドウの実をかじり、時には造り手の家族とともに食事をしながらインタビューすることも。また抜栓する時間、オススメのグラスもワイン毎に解説します。相性の良い郷土料理のご提案、ご家庭で作れるレシピも毎号お届けします。



12ヶ月以上継続のご購買確約で

生産地が一目瞭然!
イタリアワインマップをプレゼント!

メーカー: De Long Company
サイズ: 24インチx36インチ(約610mm x 914mm)
言語: 英語
発行: 2010年7月(2015年10月更新)
通常価格 4,400円(税込)
※額縁は付きません。
※広げると上記のサイズになり、折りたたみ式で専用紙ケースに入れてコンパクトに収納できます。
※プレゼントご希望の方は、お申し込み時「12ヶ月継続確約コース」を選択ください。途中解約の場合、マップの料金(4,400円)をご負担いただきます。


イタリアワイン マップ

今後のお届けワイン

1月

生産量わずか!希少バローロと
カジュアル・ドルチェット2本立て

2022年1月のワイン

家族経営の小規模ワイナリー、ストロッピアーナ。ブドウ栽培から醸造まで全て自らの手で手がけるため、目が行き届く範囲という4.5haという極小面積の畑を所有。王道バローロとピエモンテ生産者たちが「本当に好きな」普段飲み品種ドルチェットの2本立て。

取材ウラ話
現当主のレオナルドは1993年7月生まれの27才。ピエモンテだけではなりませんが、銘醸地でどんどん世代交代が起きている関係でワインのスタイルも変化してきています。今回はそこに切り込みました。


2022年1月FV

お届けするワイン

定価合計 12,320円(税込)

バローロ “レオナルド” 2017 定価 8,140円(税込)
ドルチェット・ダルバ 2019 定価 4,180円(税込)

2月

フリウリ、優しい人の造る変わり種品種

2022年2月のワイン

ボルゴ・サン・ダニエーレはフリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州コルモンスに小さなワイナリーです。
アレッサンドラとマウロのマウリ姉弟が祖父から引き継いだブドウ畑に、この地域の伝統的なブドウ品種を栽培することから始まりました。お届けするのは、その気難しさからかつてたった2本の樹にまで減少してしまったこともある土着品種ピニョーロと、オーストリア=ハンガリー帝国時代の名残でこの地に長く根付く樹齢45年のエレガントなカベルネ・ソーヴィニヨン!お楽しみにどうぞ。

取材ウラ話
今回のテーマは国際品種と土着品種。土地柄「100%イタリア人だと思っていない」と話すマウロさんがワインを造る意味ってなんだと思いますか?アイデンティティに迫るインタビュー。


2022年2月FV

お届けするワイン

定価合計 13,640円(税込)

イソンツォ・デル・フリウリ ピニョーロ “アルビス・ロス” 2016 定価 9,680 円(税込)
ヴェネツィア・ジューリア “ヤシック・ロッソ” 2019 定価 3,960 円(税込)

3月

ロンバルディア、マイナー産地に咲く真珠

2022年3月のワイン

ペルラ・デル・ガルダ(直訳すると『ガルダ湖の真珠』)は2003年に創設された比較的新しいワイナリーで初リリースは2006年です。1990年代からワインの為のブドウ造りはしていましたが瓶詰めはしておらず、事業としては麦やミルク(グラナ・パダーノのチーズ用)を生産していた農家でした。今回お届けするのはナポレオン統治時代の影響で栽培されていたメルローと土着品種トレッビアーノ・ディ・ルガーナです。

取材ウラ話
ロンバルディアといえばフランチャコルタじゃないの?を直球でぶつけた結果がこのラインナップ。特に土着品種トレッビアーノ・ディ・ルガーナは今飲むべき白。トレ・ビッキエーリも連続獲得の実力派です。


2022年3月FV

お届けするワイン

定価合計 12,100円(税込)

ガルダ・メルロー レオナトゥス“レオナトゥス” 2016 定価 6,600 円(税込)
ルガーナ・スーペリオーレ “マドンナ・デッラ・スコペルタ” 2017 定価 5,500 円(税込)

4月

アルト・アディジェ、山の清冽なソーヴィニヨン&ピノ・ネロ

2022年4月のワイン

イタリア最北部の州トレンティーノ=アルト・アディジェ。オーストリア(一部スイス)と国境を接し、州内をドロミテ山脈が走るまさに「山ワイン」の銘醸地です。600~850mの急勾配で磨かれたピノ・ネロと清冽なソーヴィニヨンをお届け。

取材ウラ話
アルト=アディジェに降り立ったのは夏でしたが、山だから涼しいだろうとタカをくくっていたら刺すような日差しの強さでまともに目を開けていられないほどでした。この日差しと寒暖差が素晴らしいワインを産むんだとひたすら耐えました。


2022年4月FV

お届けするワイン

定価合計 12,100円(税込)

カステル・ユヴァル ヴァッレ・ヴェノスタ ブラウブルグンダー 2017 定価 6,820 円(税込)
マリエ・シェリー スッドティロル ソーヴィニヨン “マリエ・シェリー” 2016 定価 5,280 円(税込)

5月

プーリア、陰干しで造る土着品種ネグロアマーロ

2022年5月のワイン

ターラント県に位置する家族経営のワイナリーで、約50ヘクタールの畑を所有しています。現在の若きオーナー、フランチェスコ・ロノーチェ氏が曽祖父の代から50年以上続くブドウ園を受け継ぎ、近年カリートロを設立しました。お届けするのは木の上に生ったまま陰干しされる土着品種ネグロアマーロと爽やかなロザートです。

取材ウラ話
かつては大量生産型の輸出用バルクワインがメインだったプーリアですが、近年、量から質への転換を図っており、個性豊かなワインが生み出されています。


2022年5月FV

お届けするワイン

定価合計 11,780円(税込)

サレント ネグロアマーロ 2018 定価 7,920 円(税込)
サレント ネグロアマーロ ロザート 2020 定価 3,860 円(税込)

6月

泡対決!トレントDOC VS フランチャコルタ

2022年6月のワイン

梅雨の季節にはじめじめを吹き飛ばすようなスパークリングワインの飲み比べをどうぞ。1本目はトレンティーノの山岳地帯で造られるシャープな酸が特徴のブラン・ド・ブラン。2本めは泡といえばこれ、ロンバルディア州のフランチャコルタ。補糖なしのドザッジョ・ゼロ。どちらもシャルドネです。

取材ウラ話
この飲み比べは社内のリクエストがあり実現しました。同じブドウ品種でもところ変わればこんなに違うのですね。ぜひ同時に2本開けてしまいましょう。


2022年6月FV

お届けするワイン

定価合計 13,860円(税込)

マソ・マルティス トレントDOCブラン・ド・ブラン・ブリュット N.V. 定価 7,480 円(税込)
ヴィッラ・クレスピア フランチャコルタ “ヌーメロゼロ” ドザッジョ・ゼロ N.V. 定価 6,380 円(税込)

6月以降もラインナップ調整中!
どうぞお楽しみに♪

過去のお届けワインはこちら



会員様の声

中島様

「手に入りづらい銘柄が手に入る。家飲みがとにかく楽しみになりました。」決め手は「こんなに美味しいワインが、この値段?」というもの。1万円そこそこで店舗では手に入りづらい銘柄が手に入る、言うことなしです。とにかく毎月届くのが楽しみで、「今度は、どんなものがくるのかな?」「どんな料理とマリアージュさせようか?」など、家飲みがとにかく楽しみになりました。まずは、一緒に同封されてくるレシピで料理を作り、それと合わせていただき、楽しんでいます。あまりワイン歴はありませんし、詳しくもありませんが、ワインは食中酒ですので、家族との食事を引き立てる大事なものだと考えています。そこに安心感や意外性を提供してくれるItaliagrismoは、僕にとっては安価に楽しめる、とにかくお勧めの商品です。
(中島様/50代)



Q&A

お申し込み期限はいつまでですか?
お申し込み期限はございません。ご希望の月からいつでも開始できます。お申し込みいただいた月より自動継続となります。
どのようなワインが届きますか?
赤・白・泡と、テーマに合わせて様々な生産地、生産者のワインをお届けいたします。ワインは全て林基就とスタッフが試飲し、厳選したもの。また、毎月2本、合計で9,800〜15,800円(税抜)と、直輸入により中間コストをカットしているからこそ実現できる価格も魅力の一つです。
毎月いつ頃届きますか?
毎月下旬(20日以降)のお届けとなります。
お申し込みいただいた月から、毎月配送となります。
予めお申し出いただきますと、お届け日、時間指定も可能です。
ワインが状態不良だった場合、交換可能ですか?
代替品に交換させていただきます。
お届けしたワインが状態不良(ブショネ、劣化、吹き、ボトルのヒビ・割れなど)の場合、代替品に交換させていただきます。ただし状態不良のワインは当社で回収しチェックをさせていただきますので、ワインは捨てずにまずはすぐにご連絡ください。
支払い方法について
毎月10,780円(税込)のお支払いとなります。
お支払方法は、代金引換・クレジットカードからお選びいただけます。代金引換の場合でも手数料はかかりません。クレジットカード払い(一括)を選択された場合は月ごとの決済となります(分割払いは選べませんので、ご了承ください)。
不定期で家を不在にすることが多いのですが、お届け日を指定できますか?
日時変更には締切がございます。お届け予定日の1週間ほど前にメールでご案内致しますので、期日までにマイページ内のお問合せよりご連絡ください。
万が一ご希望に添えない場合はメールでご返信させていただきますので、弊社からのメール(@vinohayashi.com)が受信できるよう、あらかじめメールアプリやソフトの設定をお願いいたします。
領収書の発行は可能ですか?
領収証は発行可能です。
お申込みの際に備考欄に領収書をご希望と入力いただき、宛先と但書のご希望をお知らせください。

会員特典として
Vino Hayashiストア全商品が
VIP優待で常時10%OFF

となります。

毎月2本のワイン+ガイドマガジン

月々 定額

9,800

(税込10,780円)

毎月2本のワイン+テキスト

毎月自動継続/毎月20日前後お届け
お電話でもご注文を承っております。お気軽にお問合せください。
フリーダイヤル| 0120-991-202|受付 平日10時〜18時

注意事項

毎月、当社のみが直輸入する
生産数の少ない希少なワインをお届けします。
定員に達した際には募集終了となります。あらかじめご了承ください。



お客様情報のご入力

下記お客さま情報を全てご記入いただき、お申し込みボタンをクリックしてください。

商品名 必須

お名前 必須

フリガナ 必須

郵便番号 必須

都道府県 必須

住所1(市郡区/町・村/丁目・番地) 必須

住所2(建物名・マンション名・号室)

電話番号 必須

メールアドレス 必須

パスワード 必須

生年月日 必須

お届け先情報

お届け先住所 必須

お支払い情報

お支払い方法 必須

配送業者の指定

配送業者 必須

お届け日の指定

通信欄

通信欄 (残り 文字)