¥22,000以上お買い上げで送料無料! / 出荷スケジュールのご案内

24件中 120 件を表示

並び替え:

イタリアワイン土着品種研究会Vol.043ヌラグス

テキスト+白ワイン2本(サルデーニャ州×2)

12,100円(税込)

サルデーニャ島南西部で広く栽培される白ブドウで、知名度は高くないですが地元で愛されている品種です。フローラルなアロマに、黄色い花、柑橘類に薬草など。軽やかで、みずみずしく、かすかに潮っぽさを感じさせる味わいはフードフレンドリー!様々なお料理と気軽に合わせられます。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.042ドルチェット

テキスト+赤ワイン2本(ピエモンテ州×2)

12,100円(税込)

ピエモンテの土着品種で造られる赤ワインの中では最もフレッシュなうちから楽しめるのがドルチェットですが、中には長期熟成が可能なタイプのものも。「ドルチェ」とは甘いという意味のイタリア語ですが、ドルチェットで造られたワインはドライ(辛口)で、酸味は穏やかな柔らかい味わいです。
フルーティーな果実味を楽しめるDOC Dolcetto d’Albaと10年熟成のエレガントなDOCG Ovadaの2本セットです。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.040チリエジョーロ

テキスト+赤ワイン3本(トスカーナ州×2・ウンブリア州×1)

12,100円(税込)

チェリー(Ciliegia)のような特徴的な香りが名前の由来となったチリエジョーロは、19世紀にスペインから巡礼者たちからもたらされたとも、エトゥルリアの時代から植樹・栽培されていたとも言われており、トスカーナ州のマレンマ地方とウンブリア州のナルニ地方が主な産地です。フルーティーで華やかなアロマを持ち、若い段階から十分楽しめる味わいのワインが多いです。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.039パッセリーナ

テキスト+泡1本(アブルッツォ州)・白ワイン2本(アブルッツォ州×1・マルケ州×1)

12,100円(税込)

メジャー品種に隠れたアブルッツォの素朴な土着品種パッセリーナ。スズメ(Passera)がブドウの果肉をつつく仕草が名前の由来となったパッセリーナは優れた生産性と耐性を持つため、古くから農民に愛されてきました。フレッシュでフルーティー、同じくアブルッツォの土着品種ペコリーノと比べデリケートでタンニン分が少なくしっかりした酸が特徴的です。混醸で使用されることが多かったですが、近年では単一品種で造られることも増えてきました。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.038トレッビアーノ・ディ・ルガーナ

テキスト+白ワイン2本(ロンバルディア州×2)

12,100円(税込)

世界中が注目する優美なトレッビアーノ・ディ・ルガーナ。イタリア全土で栽培される『トレッビアーノ』とは大きく異なり、また『ヴェルディッキオ』と同一品種とされてきましたが、様々な観点から「厳密には異なる品種である」との最新の研究もあります。イタリア最大の湖ガルダの南に広がる粘土の平野と氷堆石の丘陵地帯で栽培されるトレッビアーノ・ディ・ルガーナは酸とミネラルが豊富で、フレッシュな早飲みタイプのものから10年以上の熟成が可能なものまで幅広いワインが造られます。
標高600mの畑で土壌は砂質。9月下旬に収穫し、温度管理されたステンレスタンクにて発酵。ステンレスタンクにて9ヶ月間熟成。柑橘系や白い花の香り、温度が上がると洋ナシや桃などの香りも。ブドウの高い成熟度がはっきりわかる厚みがあり、高い酸は味わいをぎゅっと引き締めます。

ディー・アンド・ディー|ヴァッレ・ダオスタ プティ・アルヴィーヌ 2019

たっぷりとした果実味が魅力の凝縮感のあるフルボディ白ワイン

4,620円(税込)

標高600m、南向きの急斜面の畑で、土壌は砂質。10月初旬に手摘みで収穫し、低温で約24時間スキンコンタクトした後に圧搾し、温度管理しながら10日間かけてアルコール発酵。ステンレスタンクにてバトナージュを行いながら6ヶ月間シュールリー熟成。柑橘類の香りに重なるように桃やカリンのシロップ漬けのトーンも。アタックは力強く辛口ですが、たっぷりとした果実味がほのかな甘味をもたらし、酸はやや控えめできめ細かいです。塩味のようなミネラル感とはっきりとした苦味、旨味が感じられ、味わいに複雑さを与えています。凝縮感のあるフルボディの辛口白ワインです。
海沿いにある標高150mの石灰質土壌の畑と、やや内陸に位置する標高400mの砂質土壌の畑。10月初旬に手摘みにて収穫。ステンレスタンクで発酵、バトナージュを行いながら最低3ヶ月間熟成。フィルタリング後、別のタンクに移し、酵母を加えずボトリング。瓶内で約1ヶ月かけて2次発酵を行い、その後安定の為、数週間瓶内にて熟成。澱引きは行わない。柑橘類を中心に、洋ナシや桃、花の香りにディルなどの爽やかさも。レモンとハーブの爽やかな風味が喜ばしく、ほんのり旨味がありながらも酸とミネラル感、微発泡が口中をすっきりさせてくれます。
海沿いにある標高150mの石灰質土壌の畑と、やや内陸に位置する標高400mの砂質土壌の畑。10月初旬に手摘みにて収穫。ステンレスタンクで発酵、バトナージュを行いながら最低3ヶ月間熟成。フレッシュな青リンゴやレモン、カモミール、ハーブなどの香りに、鉱物や潮風のニュアンスも。ドライな口当たりではっきりとした酸が特徴的。

レオナルド・ブッソレッティ|チリエジョーロ・ディ・ナルニ “05035” 2019

赤系ベリー類の香り、みずみずしくフレッシュ、冷やしても美味な赤

4,620円(税込)

標高230m~290mの丘陵地にある粘土質と石灰質の混合土壌の畑。手摘みにて丁寧に収穫。温度管理されたステンレスタンクで10~15日間発酵させ、6ヶ月間シュールリー熟成後、更に1~2ヶ月瓶内熟成させる。赤系ベリーの華やかな香りにスミレやバラ、スパイスやハーブの香りも。味わいはフレッシュでみずみずしく、いきいきとした爽やかな酸が印象的。ソフトでなめらかなタンニンとかすかな苦味が余韻を軽く引き締めてくれます。 ワイナリー: レオナルド・ブッソレッティ原産: ウンブリア州/サン・ジェミニ容量/度数: 750ml/13.0度ブドウ品種: チリエジョーロ100%

サッソトンド|マレンマ・トスカーナ チリエジョーロ 2019

黒系果実の官能的な芳香、ボリューム感もありステーキと好相性

4,840円(税込)

標高30mの丘陵地にある火山礫と含む凝灰岩土壌の畑。9月下旬に手摘みで収穫。15~20日間マセレーションを行い、発酵。その後ステンレスタンクにて数ヶ月間熟成。黒系果実の香りを中心に、スミレやバラ、甘草にやや野菜の青い香りも。口当たりはしっかりとしており、若々しくジューシーな果実味が広がります。酸はフレッシュで爽やか、アルコールのボリュームは十分に感じられ、後半には存在感のある素朴なタンニンと苦味が特徴的です。 ワイナリー: サッソトンド原産: トスカーナ州/ソラーノ及びピティリアーノ容量/度数: 750ml/13.5度ブドウ品種: チリエジョーロ100%

ピエトロ・カチョルニャ|エトナ ビアンコ “グアルド・イル・ヴェント” 2019

上等なブルゴーニュワインを彷彿させる品格のある白ワイン

5,280円(税込)

標高750m北東向きの畑。エトナらしくミネラルが非常に豊富な黒土混じりの火山灰土壌。発酵から熟成まで全てステンレスタンクにて行われた後、瓶内で3ヶ月間熟成。年産僅か2,000本。レモン、カリンなどの爽やかな果実味の他にハチミツやハーブの香りも感じられます。
標高400~450m、南西向きの畑。10月初旬に手摘みで収穫。ステンレスタンクにてマイナス4℃で2日間低温マセレーション。その後温度を16-18℃へ変え2~3日間マセレーションを続け、ソフトプレス後果汁だけで10~14日かけて約25℃でアルコール発酵。続いてマロラクティック発酵も行う。ステンレスタンクにて6ヶ月以上熟成。バラやスミレ、ラズベリー、イチゴのジャム、チェリーコンポートなどのフローラルでフルーティな香りに、ホワイトペッパーや甘草などのニュアンスも。アタックは力強くタンニンはシルキーで上品。余韻は果実のまろやかさと心地よい酸味、軽い苦味、ミネラル感が調和し、かすかにスパイシーな風味がありながら甘く優雅な印象です。
バローロのクリュであるカパロットの畑で標高450m、南東向き。10月初旬に手摘みで収穫。ステンレスタンクにて20-24℃で約20日間マセレーション、アルコール発酵。続いてマロラクティック発酵も行う。ステンレスタンクにて約6ヶ月熟成。シロップ漬けのレッドチェリーや完熟したラズベリーの香りを中心に、バラやゼラニウム、またローリエやローズマリー、ペッパーなどのハーブとスパイスの清涼感があります。口当たりは軽やかで、フレッシュで爽やかな酸が伸び、余韻には苦味がありチェリーとハーブのアロマが心地よいです。

アグリーコラ・ソイ|ヌラグス・ディ・カリアリ “ヌラ” 2018

主にサルデーニャ島の南部で造られる土着品種をアンフォラで熟成

7,480円(税込)

樹齢40年の南向きの畑。粘土と石灰質を含んだ泥灰岩。9月末に手摘みで収穫。ステンレスタンクに時々攪拌させながら約4週間アルコール発酵を行い、500ℓのテラコッタ製アンフォラにて2か月間シュールリー熟成。その後2ヶ月以上ステンレスタンクで休ませ、瓶内にて更に6ヶ月以上熟成。リンゴや黄桃、アプリコット、ハチミツなどに白コショウやサフランなどの複雑な香り。アタックは柔らかく温かみのある果実味が広がり、後半にはかすかに塩味を帯びたミネラル感とはっきりとした苦味があり、ほのかな旨味と重なって深みのある味わいに仕上がっています。ワイナリー: アグリーコラ・ソイ原産: サルデーニャ州/セッリ容量/度数: 750ml/13.0度ブドウ品種: ヌラグス100%

アントネッラ・コルダ|ヌラグス・ディ・カリアリ 2019

主にサルデーニャ島の南部で造られる土着品種

4,180円(税込)

標高170mにある畑「ミッツァ・マンナ」。石灰質を含む泥灰岩の土壌。10月初旬に手摘みで収穫。ステンレスタンクにて低温で約10日間発酵、ステンレスタンクにて6ヶ月間シュールリー熟成。柑橘やハーブなど清々しい香りに、リンゴや白い花、また石灰や海のニュアンスも。フレッシュな酸のボリュームはやや高く、後半ははっきりとしたミネラル感と心地良いほろ苦みがあります。ワイナリー: アントネッラ・コルダ原産: サルデーニャ州/セルディアーナ容量/度数: 750ml/13.0度ブドウ品種: ヌラグス100%

【売り切れ】イタリアワイン土着品種研究会Vol.041コルテーゼ

テキスト+白ワイン『DOCG Gavi』3本(ピエモンテ州×3)

12,100円(税込)

ピエモンテ南部で広く栽培される品種。酸はしっかりしていて、アルコール度数が低めのため、親しみやすく現地でも人気です。なかでもガヴィは上品な酸とミネラルが特長的で、ジェノヴァの貴族に愛された高貴な味わいのピエモンテを代表する白ワインです。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.010ティモラッソ

テキスト+白ワイン2本(ピエモンテ州×2)

12,100円(税込)

無骨で厳格な印象の超希少品種ティモラッソ。特徴的なペトロール香を持ち、アルコール度数は全体的に高めで、タンニンもあり、オイリーさと粘性の高さが見られます。「白ワインの衣をかぶった赤ワイン」と呼ばれることもあり、魚料理より肉料理と合わせることも多いです。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.009グリニョリーノ

テキスト+赤ワイン3本(ピエモンテ州×3)

12,100円(税込)

農夫の努力により復活を遂げた希少な土着品種グリニョリーノ。薄いルビー色をしていて、繊細でデリケートなバラの香りが特徴的。淡い色の見た目に反してタンニンが強く、高貴で女性的な香りとのコントラストに驚かされます。赤ワインながら魚料理との相性が抜群で、幅広いペアリングの可能性を想起させます。

イタリアワイン土着品種研究会Vol.006ネグロアマーロ

テキスト+赤ワイン2本(プーリア州×2)

12,100円(税込)

イタリアのかかとプーリア州の古代品種ネグロアマーロ。ゆったりとした果実味を持ち、タンニンと酸がしっかりとしていて、大きなグラスでゆっくりと時間をかけて、大地の恵みを満喫したいと思わせます。色から感じられるイメージとは裏腹にそこまで重くなく、甘やかな味わいが万人受けする品種です。

24件中 1~ 20 件を表示

[ お支払いについて ]

クレジットカード決済
VISA/MASTER/JCB/AMERICAN EXPRESS/DINERS

代金引換

[ 配送について ]

送料770円(全国一律)(5月〜9月はクール便代220円を加算させていただき、送料は990円となります。)でのお届けとなります。
※5月〜9月受注分につきましてはクール便(990円/全国一律)となります。
※2万円以上(税抜・1小口)ご注文頂いた場合は送料無料となります。

配送について詳しく

[ ギフトラッピングについて ]

ギフトボックスにお入れし、包装紙でラッピングいたします。熨斗、メッセージカード、紙袋もご注文いただけます。

ギフトラッピングについて詳しく

[ 返品交換について ]

届いた商品がご注文されたものと違う場合や破損・汚損、不良品などの場合は、商品到着後7日以内にお電話かメールにてご連絡ください。商品を着払いにてご返送いただいた上、交換とさせていただきます。